ウォーターサーバーのボトルには何種類かあるので、それぞれのメリットとデメリットをまとめています。サーバー選びに迷ったら、ボトルで選ぶのも良いですね。

ボトルタイプ リターナブル ワンウェイボトル 使い捨てパック
ボトル画像
ゴミとして捨てられる? 捨てられない
(業者が回収)
捨てられる
(ペットボトルと同じ不燃ゴミ)
捨てられる
(ビニール・プラスチックゴミと同じ)
保管 回収まで保管が必要 場所とらない 場所とらない
メリット ・ゴミが出ない
・捨てる手間はない
・捨てられる
・衛生的
・軽い
・衛生的
・小さくたためる
・サーバーのセットが楽
デメリット ・回収まで保管がかさばる
・サーバーへのセットが重い
・サーバーへのセットがちょっと大変
・つぶすのが手間
・小分けなので交換サイクルが早い
該当 アルピナウォーター
アクアクララ
クリクラ
アクアセレクト
コスモウォーター
クリティア
フレシャス
(ウォーターサーバー業者の中でここだけ

ボトルタイプでみると、使い捨てパックが断然便利!

ウォーターサーバー使い捨てパック
使い捨てという点では、ワンウェイボトルは画期的でした。でも、ワンウェイボトルを上回る「使い捨てパック」が使えるウォーターサーバーには勝てません。

ワンウェイボトルは不燃ゴミなので、いくらつぶせるとはいっても不燃ゴミの日までは保管しておかなければいけません。

その点、フレシャスが採用している使い捨てパックはそのままビニールゴミにポイ!と捨てられるので保管の必要もないですね。

フレシャスの使い捨てパックはかさばらない

しかも、1パックが大きいもので7リットル、小さいものは4.5リットルなので、12リットルのボトルと比べて軽いのでサーバーへのセットが格段に楽です。

男性なら12キロのボトルのセットを普通に行えるかもしれませんが、女性やお年寄りの暮らしでは12キロを持ち上げるのはけっこう大変です。

また無菌エアレスパックになっているので、水を出した時にボコボコと空気が入ることはありません。空気によって雑菌が繁殖するので、水の消費量が少なく、長い間水を飲むことがなくても衛生上安心なのも良い点ですね。

無菌エアレスパックのウォーターサーバー

目的で選ぶウォーターサーバー